お問い合わせ トップページへ戻る
ガラス販売,製作,加工,修理,大阪∥ライト照明www.raito-gurasu.com
取扱商品
ガラスに関する技術の一例をご紹介いたします。
この他にもガラスのことであればどんなことにでも対応可能です。
曲げ加工
ガラスに曲面をつけるために、曲げたい形の型にガラスを置き、650℃~700℃の高温で加熱し曲げ加工します。その後、除冷して製品になります。
照明のセード、建築の壁面、写真立て、車のサイドミラー、その他に使用されています。
⇒ページTOPへ戻る
吹きガラス
原料を高温で溶かした後、竿に巻き上げ息を吹き込みながら成形します。その後、除冷して、口部と底部の仕上げをして完成します。
こうしてできあがった製品は職人の修行と経験により手仕事の良さや、温かさを実感できる製品になります。
⇒ページTOPへ戻る
切子
ガラス表面を研磨し、色々な模様をいれます。
現在の代表的な切子は薩摩切子、江戸切子と言われますが、大阪の切子は一時期全国を代表する産業で、多くの職人が修行にきたそうです。
現在残念ながら大阪の切子師も少なくなつってしまいました。
⇒ページTOPへ戻る
取扱製品  ガラス製作及び加工  ガラス修理  技術紹介
ガラスに関する豆知識 会社概要  お問い合わせ