お問い合わせ トップページへ戻る
ガラス販売,製作,加工,修理,大阪∥ライト照明www.raito-gurasu.com
取扱商品
私どもでは、お客様のご希望に応じ、 さまざまなガラス製品を製作いたしております。
お気軽にご相談ください。
手造りグローブ
石目型板ガラスを3種類に切断して寸法を磨り合わせながら、紙で模型を作りそれに沿わせて組み立てて接着しました。テーピングしてサンドブラスト(スリガラス)加工し、黒塗料で塗装して仕上げました。
⇒ページTOPへ戻る
手作りガラス
原料を高温で溶かした後、竿に巻き上げ息を吹き込んだり、鋏でカットしながら形を整えます。その後、除冷して完成します。 こうしてできあがった製品は職人の修行と経験により手仕事の良さや、温かさを実感できる製品になります。写真はリンゴですが 他にメロン、バナナ、イチゴ、ブドウ等色々なフルーツが作れます。
⇒ページTOPへ戻る
曲げ板ガラス
ガラスに曲面をつけるために、曲げたい形の型にガラスを置き、650℃~700℃の高温で加熱し曲げ加工します。その後、除冷して製品になります。
☆写真のガラスは3tのベラ板ガラスを曲げ加工しました。照明のセードです。
⇒ページTOPへ戻る
切り子加工
09.11.6
写真の切り子は見た目は簡単な模様に見えますが、 アールが小さい為に 本当に小さな道具を(砥石や研磨機)使わなくてはならず苦労しました。
某百貨店のブラケット照明に使用されます。
⇒ページTOPへ戻る
エッチング及びサンドブラスト
ともにガラスの表面に高圧の空気で金剛砂を吹きつけ模様や凹凸を付けます。エッチングは掘り込んだ模様に、特殊な溶液で裏面を溶かして仕上げます。
⇒ページTOPへ戻る
結霜ガラス
結霜ガラスとはガラスの表面をスリガラス加工し、その上に湯煎で溶かしたニカワを薄く塗り、約80度位までゆっくり乾燥させますとニカワがガラスの表面を剥がし霜の様な模様が出来ます。見ているとなぜこの様な模様が出来るのか不思議な気持ちです。
⇒ページTOPへ戻る
耐熱ガラス
耐熱硬質ガラス(管や板ガラス)を高温で柔らかくして色々な形状に仕上げます。
⇒ページTOPへ戻る
面取りガラス
ガラスのエッジ部分を幅広く研磨して仕上げます。
写真は面取りとサンドパターンを加工しました。
⇒ページTOPへ戻る
焼付け及び塗装
ガラスに塗装や絵柄*金*ガラスビーズ等を焼付けします。
写真はパイレックスガラス管に穴あけ(丸穴、角穴)して、内面に白塗装しました。
⇒ページTOPへ戻る
合わせガラス.接着
模様入りのシルクをガラスの間に挟み合わせガラスにしスタンドを作りました。
⇒ページTOPへ戻る
穴あけ、切断
たとえば、家具の取手を付けるため等、ガラスに穴を開ける加工です。加工方法はダイアモンドを使用したドリルで丸い穴を開ける方法と研磨粉を混入させた水を高圧でノズルから噴出させて穴を開けます。
この場合は丸い穴だけでなく、その他の形の穴を開けることができます。
⇒ページTOPへ戻る
取扱製品  ガラス製作及び加工  ガラス修理  技術紹介
ガラスに関する豆知識 会社概要  お問い合わせ